雇用関係助成金EVENT

新規雇入れ

生涯現役起業支援助成金

  • #創業
概要
中高年齢者( 40 歳以上)の方が、「雇用創出措置に係る計画書」を提出し、事業運営のために労働者を新たに雇入れた場合、その募集・採用や教育訓練の実施に要した費用の一部を助成します。

1.雇用創出措置助成分
起業者(法人の代表または個人事業主)の区分に応じて、計画期間内(12ヶ月以内)に行った雇用創出措置に要した費用に、助成金率をかけた額を支給します。

◆助成額
●起業の区分                  助成率 助成額の上限
 1)起業者が高年齢者(60才以上の方)の場合  2/3 200万円
 2)起業者が上記以外(40〜59歳の方)の場合  1/2 150万円

【主な支給要件】
・起業基準日から起算して11か月以内に「雇用創出措置に係る計画書」を提出し、
 都道府県労働局長の認定を受けていること。なお、認定に当たっては、特定創業支援事業を受け
 た者であることが必要となります。
・計画書で定めた計画期間内(12か月以内)に、対象労働者を一定数以上新たに雇い入れること。
・支給申請書提出日において、計画期間内に雇い入れた対象労働者の過半数が離職していないこと。
・起業日から起算して支給申請日までの間における離職者の数が、計画期間内に雇い入れた対象労働者の数を超えていないこと。など

2.生産性向上助成分
「雇用創出措置に係る計画書」を提出した日の属する会計年度とその3年度経過後の会計年度の生産性を比較して、その伸び率が6%以上である場合には、「1. 雇用創出措置助成分」 の助成額の1/4の額を別途支給します。

【主な要件】
・雇用創出措置に係る助成金を受給していること。
・支給申請時点において「雇用創出措置に係る計画書」における事業が継続していること。
・雇用創出措置助成分の支給申請日の翌日から生産性向上助成分の支給申請日までに、雇用する雇用保険被保険者を事業主都合で解雇していないこと。 など

※このほかにも、いくつかの受給要件がありますので、詳細は窓口でご確認ください。
外部リンク

厚生労働省 生涯現役起業支援助成金

備考
お問い合わせ先

沖縄助成金センター:電話098-868-1606