雇用関係助成金EVENT

教育訓練・人材育成

人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)

概要
有期契約労働者等に対して職業訓練を行う事業主に対して助成するものであり、有期契約労働者等の職業能力開発を通じたキャリアアップを目的としています。

【助成額】 ※< >は生産性の向上が認められる場合、( )が大企業の額
◆一般職業訓練、有期実習型訓練、育児休業中訓練(※Off-JT;経費助成のみ)
 ・Off-JTの支給額 
  賃金助成:1人1時間あたり760円<960円>(475円<600円>)
       ※1人あたりの助成時間数は1,200円を限度

  経費助成:(1人あたり訓練時間数に応じて支給)※実費を限度
   【一般職業訓練(育児休業中訓練)、有期実習型訓練】
     100時間未満:10万円(7万円)、100時間以上200時間未満:20万円(15万円)
     200時間以上: 30万円(20万円)

    ※有期実習型訓練後に正規雇用等に転換された場合
     100時間未満: 15万円(10万円)、100時間以上200時間未満:30万円(20万円)
     200時間以上: 50万円(30万円)

 ・OJT分の支給額:実施助成1人1時間あたり760円<960円>(665円<840円>)
         ※1人当たりの助成時間数は680時間を限度

 ※中長期的キャリア形成訓練の場合
 ・Off-JTの支給額 
  賃金助成:1人1時間あたり760円<960円> (475円<600円>)
  経費助成:(1人あたり訓練時間数に応じて支給)※実費を限度
   【中長期的キャリア形成訓練】
    100時間未満:15万円(10万円)、100時間以上200時間未満 :30万円(20万円)
    200時間以上 :50万円(30万円)
 ・OJT分の支給額:実施助成1人1時間あたり760円<960円>( 665円<840円>)         
         ※1人当たりの助成時間数は680時間を限度

<1年度1事業所当たりの支給限度額は1,000万円>

【訓練の種類】
①一般職業訓練(Off-JT)
 ・1コースあたり20時間以上かつ1年以内の職業訓練
 ・通信制の職業訓練(スクーリングがあるものを除く)でないこと

 ※育児休業中訓練の場合(Off-JT、経費助成のみ)
 ・1コースあたり10時間以上かつ1年以内の職業訓練
 ・通信制も対象(訓練修了時に訓練受講者が訓練を受講することによって修得した職業能力の評価が行われるものに限る)

 ※中長期的キャリア形成訓練の場合
 厚生労働大臣が専門的・実践的な教育訓練として指定した講座(Off-JT)
 ・専門実践教育訓練指定講座であれば、実施期間は1年以上でも可
 ・通信制も対象
 ・専門実践教育訓練指定講座であること

②有期実習型訓練
 ・ジョブカードを活用したOff-JTとOJTを組み合わせた3〜6ヶ月の職業訓練
 ・総訓練時間数が6か月あたりの時間数に換算して425時間以上であること
外部リンク

厚生労働省 人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)

備考
お問い合わせ先

沖縄助成金センター:電話098-868-1606