雇用関係助成金EVENT

仕事と家庭の両立支援

両立支援等助成金(介護離職防止支援コース)

  • #介護
  • #制度づくり
概要
仕事と介護の両立に関する職場環境整備の取り組みを行い「介護支援プラン」を作成し、介護休業の取得・職場復帰または働きながら介護を行うための勤務制限制度の利用を円滑にするための取り組みを行った事業主に支給します。

【助成額】 < >内は生産性要件を満たした場合の額
 ◆中小企業の場合
  介護休業の利用 57万円<72万円>
  介護制度の利用 28.5万円<36万円>
 ◆中小企業以外
  介護休業の利用 38万円<48万円>
  介護制度の利用 19万円<24万円>
 ※それぞれ1事業主2人まで支給(無期労働者1名、有期労働者1名)

【主な要件】
1.職場環境整備の取り組み
  ①従業員の仕事と介護の両立に関する実態把握
  ②制度設計・見直し
  ③介護に直面する前の従業員への支援
  ④介護に直面した従業員への支援
2.介護休業・介護制度の利用
  ①対象者が上司と面談を実施した上で、介護支援プランを作成
  ②介護支援プランに基づいて、介護休業の開始前日までに業務の引継ぎ等を実施
  ③対象者が介護休業を2週間以上(分割取得時は合計14日以上)取得し、原則として原職等に復帰
  ④介護休業終了後に1か月以内に、上司等とのフォロー面談を実施
  ⑤介護休業終了後に、対象者を雇用保険の被保険者として1か月以上継続雇用

【介護制度とは】
 次のいずれかの勤務制度を6週間以上(分割利用時は合計42日以上)利用することが要件です。
 対象となる労働者は、過去3か月以内に当該制度を利用していないことなど、一定の要件があります。
 ①所定外労働の制限制度 ②時差出勤制度 ③深夜業の制限制度 ④短時間勤務制度

※詳細な内容についてはリンク先より確認できます
外部リンク

厚生労働省 両立支援等助成金(介護離職防止支援コース)

備考
お問い合わせ先

沖縄労働局 雇用環境・均等室 電話 098-868-4403