雇用関係助成金EVENT

障害者等の雇用環境づくり

障害者雇用安定助成金(障害者職場定着支援コース)

  • #障害者
概要
「職場定着支援計画」の認定を受けた上で、「対象労働者」に対して、以下の職場定着に係る措置を実施し、6か月以上職場に定着させた場合に助成金を支給します。

本コースは、次の6つの措置を講じる場合に受給することができます。

【措置1】柔軟な時間管理・休暇取得 
 通院による治療等のための有給休暇の付与、勤務時間の変更等の労働時間の調整を行うこと
【措置2】短時間労働者の勤務時間延長
 週所定労働時間が20時間未満の労働者を20時間以上に、30時間未満の労働者を30時間以上に延長すること
【措置3】正規・無期転換
 有期契約労働者を正規雇用や無期雇用に、無期雇用労働者を正規雇用に転換すること
【措置4】職場支援員の配置
 障害者の業務の遂行に必要な援助や指導を行う職場支援員を配置すること
【措置5】職場復帰支援
 中途障害等により休職を余儀なくされた労働者に対して、職場復帰のために必要な職場適応の措置を行い、雇用を継続させること
【措置6】中高年障害者の雇用継続支援
中高年障害者に対して、雇用継続のために必要な職場適応の措置を行い、雇用を継続すること
【措置7】社内理解の促進
 雇用する労働者対して、障害者の就労の支援に関する知識を習得させる講習を受講させること

【助成額】 ※( )は中小企業以外の場合
1 柔軟な時間管理・休暇取得:支給対象者1人あたり8万円(6万円)
2 短時間労働者の勤務時間延長: 支給対象者1人あたり次の金額
   ①重度身体障害、重度知的障害、精神障害の場合 
    20時間未満から30時間以上への延長 54万円(40万円)
    20時間未満から20時間以上30時間未満への延長 27万円(20万円)
    20時間以上30時間未満から30時間以上への延長 27万円(20万円)
   ②上記以外の者
    20時間未満から30時間以上への延長 40万円(30万円)
    20時間未満から20時間以上30時間未満への延長 20万円(15万円)
    20時間以上30時間未満から30時間以上への延長 20万円(15万円)
3 正規・無期転換: 支給対象者1人あたり次の金額
   ①重度身体障害、重度知的障害、精神障害の場合 
    有期雇用から正規雇用への転換 120万円(90万円)
    有期雇用から無期雇用への転換 60万円(45万円)
    無期雇用から正規雇用への転換 60万円(45万円)
   ②上記以外の者
    有期雇用から正規雇用への転換 90万円(67.5万円)
    有期雇用から無期雇用への転換 45万円(33万円)
    無期雇用から正規雇用への転換 45万円(33万円)
4 職場支援員の配置: 月4万円(3万円)
   ※短時間労働者は、月2万円(1.5万円)
   ※支給対象期間は2年(精神障害者の場合は3年)
5 職場復帰支援: 月6万円(4.5万円)
   ※支給対象期間は1年
6 中高年者障害者の雇用継続支援
   支給対象者1人あたり70万円(50万円)
   ※※支給対象期間は1年
7 社内理解の促進: 3~12万円(2~9万円)
   ※講習に要した時間に応じて助成

さらに詳細な内容についてはリンク先より確認できます。
外部リンク

厚生労働省 障害者雇用安定助成金(障害者職場定着支援コース)

備考
お問い合わせ先

事業所管轄のハローワーク