雇用関係助成金EVENT

人材育成・職業訓練

【新】人材開発支援助成金(長期教育訓練休暇付与コース)

  • #制度づくり
概要
長期教育訓練休暇制度とは、事業主以外が行う、教育訓練等を受けるために必要な有給・無給の長期にわたる休暇(年次有給休暇を除く)を被保険者に与え、自発的職業能力開発を受ける機会の確保などを通じた職業能力開発及び向上を促進する制度のことです。

【助成額】
賃金助成:1人1日あたり6,000円<7,200円> 
 ※最大150日分、無給の休暇取得の場合は助成対象外
経費助成:20万円<24万円>
※被保険者数が100人未満の場合1人、100人異常は2人が上限


【主な要件】
・120日以上教育訓練休暇の取得が可能な長期教育訓練休暇制度を就業規則または労働協約に規定すること。
・労働者が業務命令でなく、自発的に教育訓練、各種検定、キャリアコンサルティングのいずれかを受講すること
・所定労働日における120日以上のうち60日以上は連続した教育訓練休暇の取得を、残りの日数については20日以上の連続した教育訓練休暇の取得を要します。

※詳細はリンク先より確認できます。
外部リンク

人材開発支援助成金(厚生労働省ホームページ)

備考
お問い合わせ先