ブログBLOG

2022.04.07

【令和4年度】特定求職者雇用開発助成金の新コース

令和4年4月1日より、特定求職者雇用開発助成金(成長分野人材確保・育成コース)が創設されました。

【概要】
高年齢者や障害者等の就職困難者を、ハローワーク等の紹介により継続して雇用する労働者(雇用保険の一般または高年齢被保険者)として雇い入れて「成長分野等の業務」(※)に従事させ、人材育成や職場定着に取り組む場合に、特定求職者雇用開発助成金の他のコースより高額の助成金を支給します。
(※)デジタル・DX化関係業務及びグリーン・カーボンニュートラル化関係業務

【支給額】( )内は大企業の場合

1)高年齢者(60~64歳)、母子家庭の母等、就職氷河期世代の者、生活保護受給者など:1人あたり90万円(75万円)
2)65歳以上の高年齢者:1人あたり105万円(90万円)
3)身体・知的障害者、発達障害者、難治性疾患患者:1人あたり180万円(75万円)
4)重度障害者等:360万円(150万円)

※短時間労働者の場合は次の通り
5)高年齢者(60~64歳)、母子家庭の母等、就職氷河期世代の者、生活保護受給者など:1人あたり60万円(45万円)
6)65歳以上の高年齢者:1人あたり75万円(60万円)
7)障害者、発達障害者、難治性疾患患者:1人あたり120万円(45万円)

詳細は次のリンク先よりご確認できます。

◆特定求職者雇用開発助成金(成長分野人材確保・育成コース)(厚生労働省ホームページ)

2022.04.06

【令和4年度】働き方改革推進助成金の申請受付始まりました

令和4年度「働き方改革推進支援助成金」の各コースの申請受付が始まりました。

この助成金は生産性を高めながら労働時間の縮減等に取り組む中小企業・小規模事業主や、傘下企業を支援する事業主団体に対して助成するものです。

1.労働時間短縮・年休促進支援コース(厚生労働省ホームページ)

2.勤務間インターバル導入コース(厚生労働省ホームページ)

3.労働時間適正管理推進コース(厚生労働省ホームページ)

4.団体推進コース(厚生労働省ホームページ)

※申請の受付は2022年11月30日(水)まで必着です。

制度内容についてはリンク先よりご確認ください。

2022.04.06

【令和4年度】業務改善助成金の申請受付が始まりました

令和4年度「業務改善助成金」の申請受付が始まりました。
制度の詳細はリンク先よりご確認お願い致します。

◆業務改善助成金 通常コース(厚生労働省ホームページ)

また、特例コースも引き続き申請を受け付けています。
※申請締切は令和4年7月29日です。

◆業務改善助成金 特例コース(厚生労働省ホームページ)

2022.04.05

令和4年度雇用・労働分野の助成金の案内(簡略版)

令和4年4月1日に厚生労働省より、「令和4年度雇用・労働分野の助成金のご案内(簡略版)」がリリースされました。

本年度の助成金の最新情報の概要はこちらから確認ができますので、助成金を活用したいと考えている方は、「雇用関係助成金の検索表(P5~8)」を一通り見ておきましょう。

◆令和4年度雇用・労働分野の助成金のご案内(簡略版)(厚生労働省ホームページへ)

2022.03.28

令和4年度「65歳超雇用推進助成金」について

令和4年度「65歳超雇用推進助成金」の内容が公表されました。本助成金は次の3コースで構成されています。

・65歳超継続雇用促進コース

・高年齢者評価制度等雇用改善コース

・高年齢者無期雇用転換コース

コース内容の詳細については次のリンク先よりご確認ください。

◆ 65歳超雇用推進助成金(厚生労働省ホームページ)

2022.03.28

新型コロナに関する母子健康管理措置にかかる助成金の期限延長について

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置について、対象期間を令和4年3月31日から令和5年3月31日まで延長すると公表されました。

併せて、新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得に係る助成金についても、対象期間を令和5年3月31日まで延長となりました。

助成金の内容等の詳細は、次のリンク先よりご確認ください。

◆職場における妊娠中の女性労働者等への配慮について(厚生労働省ホームページ)

2022.03.24

令和4年4月以降の雇用調整助成金(特例措置)について

令和4年3月22日に厚生労働省より4月以降の雇用調整助成金の特例措置等について公表されました。令和4年6月まで特例措置が延長されることは予告されていましたが、同時に「雇用調整助成金の申請内容をより適正に確認します(リーフレット)」も公表されています。この中には4月以降の休業にかかる申請から適用されるものが3つあります。

【4月以降の休業の申請から適用になる内容】
1.業況特例における業況の確認を毎回(判定基礎期間ごと)行う
2.最新の賃金総額(令和3年度の確定保険料)から平均賃金を計算する
3.休業対象労働者を確認できる書類および休業手当の支払いが確認できる書類の提出
※雇用保険の適用が1年未満の企業は、特に緊急雇用安定助成金においては休業対象労働者の氏名、年齢および住所が確認できる書類の添付が必要となります。

詳細は、以下リンク先よりご確認ください。
◆「雇用調整助成金の申請内容をより適正に確認します(リーフレット)」(厚生労働省ホームページへ)

2022.03.10

【令和4年度】人材開発支援助成金の見直し(予定)内容

厚生労働省より「令和4年度から人材開発支援助成金の見直し(予定)」についてリーフレットが公開されました。

人材開発支援助成金とは、事業主が労働者に対して訓練を実施した際に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部を助成する制度です。

【主な見直し内容】

「特別育成訓練コース」について以下の通りとなっています。

  1. 訓練施設の要件変更
  2. 訓練講師要件の変更
  3. OJTの助成額変更など
  4. 対象対象訓練の変更
  5. 計画届提出時の書類の変更

※特別育成訓練コース:非正規雇用労働者を対象とした訓練

詳細は次のリンク先よりご確認ください。

「令和4年度から人材開発支援助成金の見直しを行います(リーフレット)」(厚生労働省ホームページへ)

2022.02.28

令和4年4月以降の雇用調整助成金の特例措置等について

令和4年2月25日に厚生労働省より、2022年4月から6月の助成内容(予定)が公表されました。公表内容は政府としての方針を表明したものであり、施行にあたっては厚生労働省令の改正等が必要となります。

新型コロナウイルス感染症に係る雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の特例措置について、令和4年4月~6月の具体的な助成内容は下記リンク先より確認できます。

令和4年7月以降の取扱いについては、5月末までに公表されます。

◆令和4年4月以降の雇用調整助成金の特例措置等について(厚生労働省ホームページへ)

2022.02.24

【お知らせ】令和4年度キャリアアップ助成金の変更予定

厚生労働省より令和4年4月1日以降の変更についてお知らせがありました。なお、令和4年度予算成立及び雇用方保険法施行規則の改正が前提のものです。今後、変更される可能性もあります。

【変更点の概要】

◆正社員化コース・障害者正社員化コース
・正社員化コースのみ:有期雇用労働者から無期雇用労働者への転換の助成を廃止
・両コース共通改正事項:(注)令和4年10月1日以降の正社員転換に適用
【正社員定義の変更】
「賞与または退職金の制度」かつ「昇給」のある正社員への転換が必要
【非正規雇用労働者定義の変更】
「正社員と異なる雇用区分の就業孤規則等」が適用されている非正規雇用労働者の正社員転換が必要

その他コースの変更内容については、リンク先より確認することができます。
◆キャリアアップ助成金(厚生労働省ホームページへ)