ブログBLOG

お知らせ

2019.05.14

【名護市】企業向け助成金等の情報

雇用関係助成金の多くは厚生労働省から出されており、各都道府県の労働局がその申請窓口とってなっています。

沖縄での申請窓口先の多くは沖縄県助成金センターとなります。

しかし、同時に県内の各市町村からも独自に地域事情に即した企業向けに助成金、補助金があります。

今回は名護市の企業向け助成金、補助金について一覧をまとめました。興味のある方はリンク先より詳細をご覧ください。

◆名護市中小企業・小規模企業振興補助金

(1)名護市地域資源活用支援事業

(2)名護市新規創業雇用支援事業補助金

(3)名護市若年者継続雇用奨励金

(4)名護市店舗等改装支援事業補助金

(5)名護市販路拡大出展支援事業

◆ 名護市中小企業・小規模企業振興補助金(外部リンクサイトへ)

 

【お問合せ先】

名護市役所 商工観光局 商工班
〒905-0017
沖縄県名護市大中1-19-24 名護市産業支援センター2階

TEL 0980-53-7530 (直通)     FAX 0980-53-7522

相談事例

2019.04.05

相談例「グッジョブ相談ステーション窓口に関する相談」

Q グッジョブ相談ステーションではどんなことができますか?

企業の総務、経理、人事・採用担当者、経営者、創業予定の方を対象に無料の窓口を設置しています。

【相談内容の例】

  • 就業規則や、36協定、雇用契約書の変更についてアドバイスがほしい。
  • どんな時に助成金が活用できるのか知りたい。
  • 働き方改革関連法案とはどのようなものか教えてほしい。
  • 残業や休日出勤などの考え方や給与計算について教えてほしい。
  • パート・アルバイト等の社員を正社員にしたいが、どのように進めていけばよいか教えてほしい。
  • 求人を出しているが反応がない。効果的な方法を教えてほしい。
  • 今後、創業を予定しているが、売上の仕組みや事業計画書の書き方についてアドバイスがほしい。
  • 事業拡大を考えているが、経営について専門家のアドバイスがほしい。

上記のような問合わせに対して、専門家(社労士、採用コンサルタント、公認会計士、行政書士)が個別に対応しています。

Q 利用時間、場所を教えてください。

場所 グッジョブセンターおきなわ6階(那覇市泉崎1-20-1 那覇バスターミナル6階)
時間 平日(月〜金)、10時〜17時
社会保険労務士、採用コンサルタント、公認会計士、行政書士による無料相談を実施しています。

Q 予約は必要ですか?

来所いただいた方にお待たせすることなく、丁寧に対応できるように相談は予約制で承っております。予約の方法は以下の通りとなります。
もし、当日お越しになられる場合は、事前に連絡をいただけると相談可能な時間をご案内いたいします。

グッジョブ相談ステーション

℡:098-941-2044(平日10:00〜17:00)
メール:info@goodjob-station.okinawa
問い合わせフォーム:https://ws.formzu.net/fgen/S17031567/

Q 予約のキャンセル、変更をしたいときは?

お電話もしくは、メールにてご連絡下さい。
連絡先:098-941-2044(受付時間:平日9:00〜17:00)
メール:info@goodjob-station.okinawa

Q 電話での相談は可能ですか?

可能です。(平日10:00~17:00)

予約が優先となりますので、相談員が相談中は、こちらから折り返しご連絡させていただきます。また、電話相談の事前予約も承ります。

Q  駐車場はありますか?

専用の駐車場はございません。申し訳ございませんが、隣接もしくは近隣の有料立体駐車場をご利用ください。

(隣接の立体駐車場の場合、D階に駐車いただくと、6階のグッジョブセンターへ連絡通路が直結しております。)

ご不明な点がありましたらお手数をおかけしますが事務局までお問い合わせ下さい。

 

相談事例

2019.04.05

相談例「雇用関係助成金に関する相談」

※雇用関係助成金は、「人を雇う時、従業員への訓練や、働きやすい職場づくりに取り組む時など」に、一定条件(労務の適正管理など)を満たす際、企業が受給できる返済不要の支援制度です。
詳しくはこちらから

Q 助成金と融資の違いは何ですか?

雇用保険関係の助成金のほとんどのものは、返済する必要はありませんが融資は返済の義務があります。

Q 助成金は、自分でも簡単に申請できますか?

助成金の種類は数が豊富で比較的簡単にできるものからかなり煩雑なものまで様々です。一般に受給額が高いものほど手間がかかる傾向にあります。

なお、雇用関係の助成金の申請窓口は次のリンク先から確認できます。
主な助成金の申請窓口一覧

Q 申請すれば、助成金をもらえますか?

審査があります。審査を通過した事業者へのみ助成金がもらえます。

Q 雇用保険に加入していなのですが、助成金を受給することはできるのでしょうか?

なかには雇用保険に加入していなくても受給できる助成金もありますが、ほとんどの厚生労働省の助成金は雇用保険に加入する必要があります。これは、厚生労働省の助成が雇用保険を財源にしているからです。

Q 雇用保険に過去加入していましたが現在加入していません。

離脱後2年以内に雇用保険へ加入しなおせば、2年前にさかのぼり助成金を受け取ることができます。

Q 他の助成金と重複してもらえるのですか?

制度の趣旨が異なるものなら併せて受給できる場合はあります。

Q 申請資格である中小企業の定義とはどのようなものですか?

小売業(飲食店含む) 労働者50名以下または資本金・出資額5000万以下
卸売業 労働者100人以下または資本金・出資額1億円以下
サービス業 労働者100人以下または資本金・出資額5000万円以下
製造業・工業・鉱業・その他の業 製造業・工業・鉱業・その他の業

Q 今後事業拡大に伴い、設備投資と新規採用の予定がある。活用できる助成金はありますか?

設備投資と合わせて新規雇用する場合に活用できる地域雇用開発助成金があります。定められた期間内に
設備投資の要する費用(300万円以上)と新規雇用数(3名以上)に応じて、助成金を受給できる可能性があります。

Q アルバイトの方を正社員に転換する際に、活用できる助成金とはどのようなものですか?

キャリアアップ助成金の正社員化コースがあります。
詳しくはこちら、キャリアアップ助成金正社員化コース(グッジョブ相談ステーション内部リンク)

お知らせ

2019.04.03

【募集開始】2019年度 訪問相談の申込を開始します

2019年度訪問相談の受付を開始いたします。希望の方はグッジョブ相談ステーションのホームページの「訪問相談」のページより申込書をダウンロードし、所定欄を記入してFAXにてお申し込み下さい。

◆ご利用を希望される方は下記のページから訪問相談ページへお進みください。

訪問相談の案内ページ

お知らせ

2019.03.26

【平成31年4月より】キャリアアップ助成金の一部拡充

キャリアアップ助成金の次の2コースについて、平成31年4月1日実施分より拡充する予定です。

◆短時間労働者労働時間延長コース

契約社員等の週の所定労働時間を延長し、社会保険を新たに適用した場合に助成金の対象となる可能性があります。

◆選択的適用拡大導入時処遇改善コース

社会保険適用外の企業が、社会保険に任意加入し、尚且つ社会保険適用となる契約社員等の賃金引き上げを
実施した場合に助成金の対象となる可能性があります。※平成31年度までで終了するコースです。

詳細については、次のリンク先より確認できます。

キャリアアップ助成金が平成31年4月1日より一部拡充されます!(外部サイトへリンク)

※各雇用関係助成金は、労務等の適正管理が行われている企業が対象となります。
まずは、一度グッジョブ相談ステーションまでお問い合わせください。
℡:098-941-2044

お知らせ

2019.02.04

「労働時間の管理と助成金セミナー@県内各地」開催しました!

4月から施行される「働き方改革法案」に伴い、今一度見直したい労働時間の管理と、

今年度活用できる助成金についてのセミナーを県内各地で開催しました。

(沖縄市、宮古島市、石垣市)

 

労働時間の管理を適切に行うことで、日々の社員の状況も把握しやすくなり、

状況によっては、助成金に該当する可能性も出てきます。

人手不足の中、働く環境の整備を行い、人材を確保すること、該当する助成金があれば、

そこもうまく活用できるには、どうしたら良いのか?というお話でした。

また、2月14日(木)北部法人会、3月19日(火)名護市商工会でもセミナー開催予定です。

 

グッジョブ相談ステーションでは、平日10時~17時相談窓口を常設しております。(窓口・電話相談)

社会保険労務士をはじめ、各専門家(採用・組織コンサルタント、公認会計士、税理士、行政書士)が、

雇用に関する相談全般にアドバイスいたします。

・労務管理、就業規則、給与計算など

・雇用に関する助成金

・採用、定着する人材確保

・雇用に伴う事業拡大・経営アドバイス

お気軽にお問い合わせください。

℡:098-941-2044

アーカイブ