雇用関係助成金SUBSIDY

雇用関係助成金とは

雇用関係助成金とは、「人を雇う時、従業員への訓練や働きやすい職場づくりに取り組む時など」に、一定の条件を満たすと事業主が受給できる返済不要の支援制度のことです。

詳細はこちら →

新規雇入れ

特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)

  • #障害者
  • #高年齢者
高年齢者、障害者、母子家庭の母、父子家庭の父などの就職困難者を、ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れた場合、賃金の一部を助成します。※令和4年5月30日よりウクライナ避難民を対象として拡充しました。

詳細はこちら →

新規雇入れ

【創設】特定求職者雇用開発助成金(成長分野人材確保・育成コース)

  • #障害者
  • #高年齢者
  • #若年者
高年齢者や障害者等の就職困難者を、ハローワーク等の紹介により継続して雇用する労働者(雇用保険の一般または高年齢被保険者)として雇い入れて「成長分野等の業務」に従事させ、人材育成や職場定着に取り組む場合に、特定求職者雇用開発助成金の他のコースより高額の助成金を支給します。

詳細はこちら →

仕事と家庭の両立(育児・介護)

小学校休業等対応助成金

令和4年1月1日から同年6月30日までの間に、子どもの世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し、有給(賃金全額支給)の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主は助成金の対象となります!

詳細はこちら →

働きやすい職場づくり

業務改善助成金【通常コース、特例コース】

生産性向上のための設備投資などを行い、事業場内で最も低い労働者の賃金を引き上げる場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助成します。※令和4年1月13日より特例コースの受付が始まりました。

詳細はこちら →

新規雇入れ

【沖縄県】令和4年度 正社員雇用拡大助成金事業 ※受付中

35歳未満の求職者を正社員として雇入れ、定着につながる取り組み(3カ月間)を実施した中小企業を助成します。

詳細はこちら →

人材育成・職業訓練

【沖縄県】令和4年度 県外県内研修事業助成金(正規化雇用サポート・企業応援事業)※受付中

沖縄県内の事業所(法人)が非正規社員を正社員へ転換した場合、正社員化した人数の範囲内で、従業員研修(県内外)にかかる費用(交通費・宿泊費等)の一部を助成します。

詳細はこちら →

雇用の維持、再就職支援

【沖縄県】雇用継続助成金 ※受付中

沖縄県では、新型コロナウイルス感染症に対する緊急対策として、事業主の負担を軽減し、雇用維持を図ることを目的に、国の雇用調整助成金等の交付を受けた事業主を対象に、さらに休業手当の一定の割合で上乗せ助成します。

詳細はこちら →

雇用の維持、再就職支援

産業雇用安定助成金

新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、出向により労働者の雇用を維持する場合、出向元と出向先の双方の事業主に対して助成します。

詳細はこちら →

仕事と家庭の両立(育児・介護)

母性健康管理措置による休暇制度導入助成金

  • #子育て
新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置として、休業が必要とされた妊娠中の女性労働者が、安心して休暇を取得し、出産後も継続して活躍できる職場環境を整備(休暇制度導入)する事業主に対して助成します。

詳細はこちら →