雇用関係助成金SUBSIDY

働きやすい職場づくり

働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)

  • #働き方改革
労働時間等の設定の改善を図り、過重労働の防止及び長時間労働の抑制に向け勤務間インターバルの導入に取り組んだ際に、その実施に要した費用の一部を助成するものです。平成31年4月から制度の導入が努力義務化されています。

詳細はこちら →

働きやすい職場づくり

働き方改革推進支援助成金(労働時間適正管理推進コース)

  • #働き方改革
2020年4月1日から、賃金台帳等の労務管理書類の保存期間が5年(当面の間は3年)に延長されています。このコースでは、生産性を向上させ、労務・労働時間の適正管理の推進に向けた環境整備に取り組む中小企業事業主の皆さまを支援します。

詳細はこちら →

雇用の維持、再就職支援

産業雇用安定助成金(スキルアップ支援コース)

労働者のスキルアップを在籍型出向により行い、復帰した際の賃金を出向前と比較して5%以上上昇させた事業主(出向元)に対して出向元事業主が負担した出向中の賃金の一部を助成します。

詳細はこちら →

人材育成・職業訓練

人材開発支援助成金(事業展開リスキリングコース)

新規事業の立ち上げなどの事業展開等に伴い、新たな分野で必要となる知識及び技能を習得させるための訓練を実施した場合に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部を助成します。

詳細はこちら →

働きやすい職場づくり

キャリアアップ助成金(賃金規定等改定コース)

  • #賃金
有期雇用労働者等の基本給の賃金規定等を3%以上増額改定し、その規定を適用した場合に助成します。

詳細はこちら →

新規雇入れ

特定求職者雇用開発助成金(成長分野等人材確保・育成コース)

  • #障害者
  • #高年齢者
  • #若年者
デジタル・グリーン分野の業務に従事させる事業主が、就職困難者(障害者、高年齢者、母子家庭の母、就職氷河期世代など)を継続して雇用する労働者として雇入れ、職場定着に取り組む場合に、特定求職者雇用開発助成金の他のコースより高額の助成金を支給します。

詳細はこちら →

人材育成・職業訓練

人材開発支援助成金(人への投資促進コース)

デジタル人材・高度人材を育成する訓練、労働者が自発的に行う訓練、定額制訓練(サブスクリプション型)等を実施した場合に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成します。

詳細はこちら →

働きやすい職場づくり

高年齢労働者処遇改善促進助成金

  • #高年齢者
60歳から64歳までの高年齢労働者に適用される賃金に関する規定または賃金テーブを増額改定し、高年齢雇用継続給付の受給総額を減少させた事業主に対して助成します。

詳細はこちら →

新規雇入れ

特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)

  • #障害者
  • #高年齢者
高年齢者、障害者、母子家庭の母、父子家庭の父などの就職困難者を、ハローワークや民間の職業紹介事業者等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対する助成金です。※まずは求人提出がハローワーク等で必要です。

詳細はこちら →

新規雇入れ

中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)

中途採用者の能力評価、賃金、処遇などの雇用管理制度を整備した上で、中途採用の拡大を図かる事業主向けの助成金です。一定期間後生産性が向上した場合には追加の助成があります。

詳細はこちら →