雇用関係助成金EVENT

働きやすい職場づくり

キャリアアップ助成金(正社員化コース)※R4年12月~拡充あり

  • #制度づくり
概要
就業規則または労働協約その他これに準じるものに規定した制度に基づき、有期雇用労働者等を正規雇用労働者に転換または直接雇用した場合に助成します。

【令和4年12月2日以降の拡充内容】
①助成金の金額の拡充
人材開発支援助成金「人への投資促進コース」のうち一部訓練(自発的職業能力開発訓練、定額制訓練)の加算額を9万5,000円から11万円に引き上げます。
※有期⇒正規の場合の助成額。無期⇒正規の場合は上記の半額。

②加算の対象となる訓練の拡充
人材開発支援助成金のうち、以下の訓練コースが加算の対象となります。
・事業展開等リスキリング支援コース(新設)
・特別育成訓練コース
・人への投資促進コース
・特定訓練コース

【令和4年10月1日以降の変更点】
 ・正社員定義の変更
 「賞与または退職金の制度」かつ「昇給」のある正社員への転換が必要となります。
 ・非正規雇用労働者定義の変更
 「正社員と異なる雇用区分の就業規則等」が適用されている非正規雇用労働者の正社員転換が必要となります。


【令和4年4月1日以降の変更点】
 ・有期雇用労働者から無期雇用労働者への転換の助成を廃止します。

---
【支給額】 ( )内は大企業の額、< >は生産性要件を満たした場合
① 有期→正規:1人当たり57万円<72万円>(42万7500円<54万円>)
② 無期→正規:1人当たり28万5,000円<36万円>(21万3750円<27万円>)
<①、②を合わせて1年度1事業所当たり支給申請上限人数は20人まで>

※多様な正社員(勤務地・職務限定、短時間正社員)へ転換した場合は正規雇用労働者へ転換したとみなします。

■加算措置
※派遣労働者を派遣先で正規雇用労働者として直接雇用する場合
 ・1人当たり28,500円<36万円>(大企業も同額) 
※母子家庭の母等を転換する場合
 (転換等した日において母子家庭等の母等である必要があります)
 ・①:1人当たり95,000円<12万円>、②:47,500円<60,000円>(大企業も同額)
※人材開発支援助成金の特定の訓練終了後に正規雇用労働者へ転換等した場合
 ・①:1人当たり95,000円<12万円>、②:47,500円<60,000円>(大企業も同額)
※勤務地・職務限定正社員制度を新たに規定し、有期雇用労働者を当該雇用区分に転換等した場合
 ・1事業所当たり95,000円<12万円>(71,250円<9万円>) ※1事業所あたり1回のみ

※詳細については、リンク先より確認できます。
外部リンク

厚生労働省 キャリアアップ助成金(正社員化コース)

備考
お問い合わせ先

沖縄助成金センター:電話098-868-1606